プロが教える気の利いたおもたせ

「おもたせは完璧なものにしないのがカギ」
第5回 竹中紘子さん

2018年4月10日

20180410_1_1

知人の家に招かれたとき、その場をより楽しくするおもたせとはどんなものなのだろうか。今回おもたせを紹介してくれるのは、フードスタイリスト・料理家の竹中紘子さんだ。

竹中さんが教えてくれたのはフランス、ブルターニュ産の「ボルディエバター(海藻入り)」。雑誌のほか、デパート、ホテル、カフェなど数多くのスタイリングを手がける食のプロがおもたせにバターを選ぶ訳とは? ご自宅にも、頻繁に知人を招いているという竹中さんに、おもたせへの考えを訊いた。

■「気持ち」を伝えるバター

20180410_1_2

木製撹拌槽を使った伝統製法でバター作りを行うフランスで唯一の職人、ジャン・イヴ・ボルディエ氏が手がけた海藻入りフレーバー・バター。1包 125g 1,850円(税抜)。東京都世田谷区の「BREAD&BUTTER FACTORY 二子玉川」、「BREAD&BUTTER FACTORY 用賀」でも購入可能。

おもたせは気持ちを表す手段だと思うんです。例えば旅行のおみやげも義務感で買われるより、旅行先で自分のことを思い出して「何をあげたら喜ぶかな」って考えて買ってきてくださる方がずっと嬉しいですよね。おもたせも同じで、「この人はこれが好きそうだな」と、考えるのが好きだし、そういう想像が掻き立てられる相手の家に行くのが好きです。このバターは塩分が強めでお酒によく合うので、お酒が好きな人の家に持っていきたいですね。

海藻が入っていて旨みのあるバターなので、バケットにちょっとのせるだけでもいいし、パスタや野菜を炒めてもおいしく仕上がります。焼くとすごくいい匂いがするんです。私が独立して作った会社の名前「CONDIMENT」は薬味や調味料という意味なのですが、私は薬味がすごく好きで。お料理にゆずを添えたり、大葉を刻んで入れるのって、「もっとおいしく食べてほしい」というプラスアルファの気持ちですよね。このバターはそんな使い方ができるんです。

例えばシンプルなジャガイモのグラタンとマスターズドリームを合わせた時に、マスターズドリームはしっかりとした旨みが特徴のビールなので、グラタンが少し物足りなく感じることもあるかもしれません。そんな時にグラタンの上にこのバターを少し切ってのせると、パンチが効いておいしく食べられます。

■おもたせ自体が主役にならなくていい

20180410_1_3

女性のお宅にお邪魔するとき、自分のおもたせが相手の用意してくれたものに勝ってはいけないと思っていて。同性同士だと、そういう気遣いが必要なところってありますよね。家主が用意してくれたものよりは驚きがなくていいというか、引き立て役のポジションでいいと思うんです。

その点でこのバターはおもたせ自体で完結せずに、その場にあるものと組み合わせることができます。プラスアルファで遊ぶことができて、会話が弾むところがいいなと思っている。チーズは大抵、他の人とかぶるのですが、バターはまずかぶらない。日持ちもするので、余ったらそのまま家で使ってもらうこともできます。

自分が人を招くときは、完璧にもてなされると相手も気を使いますから"余白"を残します。料理は用意しますが、あえて全部完璧には作らない。前菜を食べながら飲んで、そのあとは友人と一緒にお酒を飲みながら作ったりする。一緒に作業すると家に慣れてきますよね。やっぱり誰かが気を使っている状態は気になるので、バターのようにその場で作業できるものを持参するのはいいかなと思うんです。

■コミュニケーションツールとしての「食」

20180410_1_4

「同じ釜の飯を食べた仲」って言いますよね。一緒に食事をとることで距離が縮まりますし、お酒を飲むことで一歩踏み込んだ深い話ができます。お酒の好みや飲み方にはその人のライフスタイルが出るので、その人のこだわりを知ることができるのもおもしろい。

私は「食」とは空間であり、視覚としてテーブルの上にどれだけ美しい絵が作れるか、誰とどんな状況で食べるかということがすごく大事だと思っています。一緒に鍋をつつくのが楽しいメンバーもいるし、もう少し距離感があって、一人ずつお料理を出した方が楽しいメンバーもいる。その時一緒に過ごす人とどういうふうにしたら盛り上がるのかを考えるのが、私にとってはすごく楽しい時間なのです。

竹中紘子(たけなか・ひろこ)

1983年生まれ。02年より大学に通いながらフードコーディネーターに師事。06年、出版社に就職。広告営業として在職中も料理家・フードスタイリストの活動を継続し、2015年に独立。翌年「CONDIMENT」を設立。雑誌やカタログでの料理提案、料理宿や新店のブランディング、イベントケータリング、レストランやポップアップショップでのメニュー開発、地方活性化をめざした料理や新・郷土食の提案など食の分野で幅広く活躍している

PAGE TOP

TOP>プロが教える気の利いたおもたせ>「おもたせは完璧なものにしないのがカギ」
第5回 竹中紘子さん

  
外で愉しむ

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

記事の感想などお聞かせください 閉じる
記事の感想などお聞かせください 閉じる